メディカルフィットネス

私たちの描くメディカルフィットネス

医療とフィットネスの融合がもたらす
個々に合った『健康増進・維持・回復』を目指して

メディカルフィットネスと聞くとどのようなイメージが湧きますか?
 
現代の社会は心身へのストレスが多くなっています。
さらにコロナの影響もさらにカラダとココロに見えないストレスをうけています。それでも前を向いて、元気に生活し、日常的に病気やケガからカラダを守ることが大切です。
 
そんななか、医療とフィットネスの機能を掛け合わせ、生活習慣病や慢性的な痛みなどの予防や改善を目的として生まれたのがメディカル フィットネスです。
 
当クラブでは、関西医大 健康科学センター長の 木村 穣 教授監修のメディカルフィットネスシステム(MFS)を活用して、会員の皆様の健康管理を行います。
また、八尾リハビリテーション病院や八尾総合クリニックスでの定期健診(年1回)を受けることで、血液やカラダの内部の健康状態を把握し、CPX(入会時)で循環器のコンディションを検査することが出来ます。
 
さらに、米国アスレティックトレーナー協会(NATA)公認のアスレティックトレーナー(ATC)、JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)といった知識と経験を持ったトレーナー陣が日ごろの皆様のカラダの動きや健康状態を診ながらコンディションを整えていくことが出来ます。

症状・悩み別改善ポイント